ここに注意!プリセプターシップのある病院へ転職するには

プリセプターシップのある病院はどう探す?

新人看護師、Uターン、出産育児後の看護師などは、
やはり入職後の業務に少し不安がありますよね。

そんな看護師のために、段階的に看護の業務を学べるよう、
先輩の看護師からマンツーマンで教えて貰う制度がプリセプターシップです。

プリセプターシップを導入する病院には他にも福利厚生・待遇が整っている場合が多いです。

例えば、出産・育児後のママさん看護師のために、
院内の24時間保育所を完備する病院なんかはとても増えています。

また新卒看護師に対するプリセプターシップは、
新人看護師と年齢の近い先輩が担当することが多いのです。

これは看護の業務だけでなく、同じ年代の看護師同士、
メンタル面のサポートもしやすいためです。

さらに、プリセプターシップを導入する病院にとても多いのが、
認定看護師の資格取得支援の教育や、
その他看護業務のランチーティングなどに同時に注力していることです。

つまり人材の育成に力を入れたい病院が、
プリセプターシップの導入を行うケースが多いのです。

さらに比較的大きな病院がプリセプターシップを導入することが多い為、
他に電子カルテの導入など、設備面も充実している事が多いですね。

看護師の方にはとても働きやすい環境だと思います。

プリセプターシップを導入する病院で気をつけたいこと

ですが、プリセプターシップを導入しながら、
うまく運用できない病院もあります。

プリセプターシップとは新人看護師に対して、
先輩看護師がつき教える制度ですが、
先輩看護師の業務量が多すぎると、その分、新人看護師に対して教えられる余裕がなくなります。

新人「先輩、ちょっとこれ教えて欲しいんですけど…」
先輩「ちょっとバタバタしてるから後にして!」

もしかしたら、この様になりかねませんよね。

またそうなってしまうと、人間関係に対するストレスもたまることになります。

でうsのでプリセプターシップを導入する病院だからといって、
どこでもいい訳ではなく、その病院の内情をきちんと知っておく必要があります。

一人当たりの業務量は多すぎないか?
人間関係は良好か?
看護師長、看護部長は現場の状況を理解しているか?

こうした事を入職前に知っておく必要があります。
そのためにはどうしたら良いのでしょうか?

そのためには、看護師専門の転職サイトをとにかく利用してください。
エージェント(コンサルタント)にとにかく相談をしてください。

プリセプターシップの導入された病院が良い、
だけどその病院の内情や、業務量、人間関係なども知りたいと必ず相談してください。

それだけで、間違いのない入職をできるようになります。

間違いのない転職をする

コメントを残す

新人看護師の研修(プリセプターシップ)とは?